MJ-FX Cruiser SVHO

ロングクルージングでの安定性と快適性を向上したクルーザーモデルをご紹介

ヤマハマリンジェットのフラッグシップモデル、“キング・オブ・クルーザー”MJ-FX Cruiser SVHO。
1.8リットルの大排気量のポテンシャルを極限まで引き上げたSVHOエンジンと、超軽量素材「NanoXcel 2」を採用した軽量&高性能ハルが圧倒的な走行性能を発揮します。ロングクルージングでの快適性はもちろん、電動トリムシステムと電動リバース&減速システム「RiDE」の搭載により、状況に応じたライディングをサポート。
その堂々たるシルエットには、まさに王者の風格が漂います。

デザイン

  • RiDE / エレクトリック・トリム・システム

    左側のハンドルにあるRiDEレバーで「減速・後進」の操作をします。
    RiDE操作中はメーターに「R」を表示。またエレクトリック・トリム・システムのボタン操作により、走行状態に応じた最適なトリムに設定できるシステムです。上下2段階づつの調節が可能でマルチファンクション・ディスプレイにトリムポジションを表示。
    エンジン停止時やリバースゲートがニュートラルまたは後進になった時にはトリム設定がセンターポジションに戻ります。

  • クルーズアシスト / ノーウェイクモード

    クルーズアシストは、長時間のクルージング時、スロットル調整をせずに一定の回転数での走行をサポート。また、ウェイクボードなどのトーイング時も、微妙なスロットル調整によるスピードコントロールが不要となります。手元のコントロールボタンの操作でエンジン回転数の微調整が可能です。ノーウェイクモードは、最徐行が必要なエリア(マリーナ内の桟橋周辺や水路等)で、微妙なアクセル操作による速度調整を軽減し、安定した低速走行をサポートします。

  • クルーザーシート

    長いシート長により、パッセンジャーにも独立した着座スペースを確保。ドライバーだけでなく、後ろ2人のパッセンジャーにも快適性を与えるヒップサポート付きです。

  • スターンデュアルグリップトーイングフック

艇体

  • RiDE(Reverse with Intuitive Deceleration Electronics)

    PWCの歴史にその名を残す画期的・革新的技術「RiDE」。左手のRiDEレバー操作による1アクションでの減速・後進を可能にするとともに、「減速・後進」と「前進」、それぞれの機能を左右のレバーに独立させることで、高い即応性と直感的な操縦性を実現。特にビギナーには困難だった着岸などで効果を発揮します。また、「RiDE」による減速ではリバースゲートがジェットノズルを覆う際、噴流が横方向に噴出するよう設計。これにより推進力が左右にバランス良く分散するため、減速時のノーズダイブの発生を抑制し、安定した姿勢で減速することができます。さらに、減速中でも推進力が得られるため、ステアリング操作によって旋回することも可能です。

  • NanoXcel 2

    ヤマハ独自の材料技術を駆使し、開発したPWC艇体用素材NanoXcelを改良し、さらにグレードアップした超軽量素材「NanoXcel 2」。従来のナノ粘土※粒子を構成する六角形の層の隙間に、極めて小さな泡状のガラス粒子を挟み込むことによって、素材のさらなる軽量化を実現、NanoXcelに比べ、約18%の軽量化を達成しています。もちろん強度・剛性は従来同等を確保、補修も同様に可能です。

エンジン

  • Super Vortex High Output Engine

    スーパーチャージャーのインペラ径の拡大による過給効率の向上と、エアクーラー(インタークーラー)の大型化により出力向上を達成。またピストン周りと新構造の高性能オイルクーラーによる冷却効率の向上により、高出力でありながら優れた安定性を実現しています。

  • JET Pump

    ジェットポンプには、効率よく水を取り込むことができるIntake Grate(格子)を採用。さらにダクトインペラの整流翼を増加することでSVHOエンジンの出力をロスすることなく推進力に変換できます。FXシリーズとGPのキャラクターに合わせ、ライドプレートやスポンソンの形状を最適化することで、レスポンスの良いハンドリングやクイックなターンを実現、高いドライバビリティを発揮します。

ヤマハ・エンジン・マネージメント・システム

  • ダイアグノシス・システム

    内蔵のECU(エンジンコントロールユニット)へパソコンでアクセスすることによって、メンテナンス履歴や故障時のエンジン状態をモニターでき、迅速なメンテナンスや修理が行えます。

  • EFI (電子制御式燃料噴射装置)

    エンジンスロットルの状態や回転数、そして気圧や気温に応じて適切な燃料を供給するEFI※(ELECTRONIC FUEL INJECTION)システムを採用。
    ※EFI(電子制御式燃料噴射装置)はTOYOTAの商標です。

  • 電子制御式スロットルシステム

    マリンジェットの電子制御式スロットル・システムは、スロットル開度をデジタル信号化してエンジンに伝達します。

フォトギャラリー

装備品一覧

エンジン
  • 1,812cc Super Vortex High Output Engine
  • ヤマハ・エンジン・マネージメント・システム(Y.E.M.S.)
  • クルーズアシスト
  • ノーウェイクモード
  • ヤマハセキュリティシステム
  • L-モード
  • リモートコントロールトランスミッター
  • RiDE(Reverse with Intuitive Deceleration Electronics)
  • エレクトリック・トリム・システム
艇体
  • ナノエクセル2 ハル&デッキ
  • ブラックカラードハル
  • ワイドリア・プラットフォーム
  • ハイパフォーマンススポンソン
その他
  • アナログタコ&スピードメーター
  • インフォメーション・ディスプレイ
  • マルチファンクション・ディスプレイ※
  • メーターパネル切替ボタン
  • クルーザーシート
  • ツーピースシート
  • アジャスタブル・チルト・ステアリング
  • コンベックス・デュアルミラー
  • バウ大型物入れ
  • グローブボックス
  • 防水物入れ
  • カップホルダー
  • デュアルカップホルダー(グローブボックス内)
  • スターン物入れ
  • リボーディングステップ
  • スターンデュアルグリップ
  • プルアップクリート
  • トーイングフック
備考

※MJ-FX Cruiser SVHOには気温、水温、コンパスの表示機能がついています。

※同じ名称でも、モデルにより機能が異なる場合があります。

主要諸元

全長 3.56 m 全幅 1.23 m
乾燥質量 379 kg 定員 3
燃料タンク容量 70 L オイル容量 5.3 L
搭載エンジン Super Vortex High Output Engine 呼称最大馬力 183.9(250)/7,500
エンジンタイプ 4ストローク/4気筒.4バルブ 排気量 1,812cc
燃料供給方式 EFI 燃料 無鉛プレミアムガソリン
推進装置 ジェットポンプ 航行区域 日本小型船舶検査機構が定める航行区域
備考

※EFI([ELECTRONIC FUEL INJECTION]電子制御式燃料噴射装置)はTOYOTAの商標です。

※燃料タンク容量はリザーブタンクを含む容量です。

※呼称最大馬力のPS表記は参考値です。

標準価格例

艇種名 MJ-FX Cruiser SVHO メーカー希望小売価格 2,350,580 円
本体価格 2,280,000 円 法定安全備品類他価格 70,580 円
備考

※価格は消費税を含まないメーカー希望小売価格例です。地域・納入場所などの条件により異なる場合があります。

※本体価格には搭載エンジンの価格を含みます。

※法定安全備品類他の価格には、法定安全備品類・進水諸経費などを含み、オプション・検査登録関係諸費用などは含まれておりません。

※価格・仕様は平成29年12月現在のものです。価格及び仕様は予告なく変更される場合があります。